我が家の場合は相続税が必要?相続税の対象になるものとは

相続税の対象になる財産とは

2015年に施行された相続税法の改正で、相続税を払わなければならない人が増えています。具体的に、相続税はどのように計算されるか見てみましょう。

まず、亡くなった人が持っていた財産の総額を計算します。預貯金や有価証券、貴金属はもちろんですが、自動車や価値のある庭木・庭石なども財産に含まれます。家具や家電などは、一つ一つ価値を決めると煩雑ですから「家具一式30万円」「家電一式50万円」のような形で計算します。自動車や家具・家電などは購入価格と使用期間を考慮して、現在の価値を算出します。土地は、国税局が発表している路線価を基準にし、家屋の価値は固定資産税の評価額です。

忘れがちなのが、生命保険金と死亡退職金です。ただし、どちらも法定相続人一人につき500万円の控除が認められていますので、たとえば法定相続人が3人ならば1500万円までは非課税で、それを超えた分だけが相続税の対象になります。

葬儀費用や基礎控除を対象財産から差し引ける

次に、対象となる財産の総額から、借金・未払いの税金・葬儀費用などを差し引きます。初七日の法要の費用などは葬儀費用には含まれません。最後に、そこから「基礎控除」を差し引きます。基礎控除は、「3000万円+600万円×法定相続人の数」です。例えば、配偶者と子ども2人で相続するなら、4800万円です。

あとは、財産から基礎控除を引いて残った金額(課税遺産総額)を、いったん法定相続分で相続人が相続したと見なして、個人別に相続税を計算し、それを合計したものが、相続税の総額になります。

相続税がかかる場合、生前贈与などの対策を立てることができますから、前もって大まかにでも資産を計算しておくことをおすすめします。

相続税の税理士を東京で探すのは理にかなっています。都内は富裕層も多く税理士のニーズがあるため数多くの税理士が存在するからです。