借金が支払えない場合はどうする!?時効援用について手続き方法を説明

借金を軽減する方法とは?

借金を軽減するには任意整理や民事再生、自己破産などの債務整理をすることになります。任意整理では借金額や将来利息を軽減するために、裁判所を介さずに交渉する方法です。民事再生は裁判所を介しますが、数年で完済できるまでの借金額に減らしてもらえます。自己破産は全ての借金を支払わなくていいように手続きするものです。しかし、財産が差し押さえられ、信用情報機関にも登録されてしまいます。

時効援用とはどのようなもの?

借金が支払えない時に、時効制度を利用する旨を債権者に伝えることを時効援用と言います。何年も支払いを滞らせ時効が成立すると、時効援用の手続きができるのです。クレジットカードや消費者金融、銀行からの借金に関しては時効期間は約5年になります。公庫や信用金庫は、約10年です。借金の種類によって時効期間は異なるので、注意しましょう。時効援用をしても、信用情報機関への登録はされません。しかし、延滞情報は消えないので、すぐにクレジットカードなどの作成はできないと思っていた方がいいでしょう。

時効援用の手続き方法とは?

時効援用をするには、内容証明郵便にて時効援用通知書を送ります。借金の時効が成立したら、時効援用の手続きをしなければなりません。法律では時効援用の手続き方法が定められていないので口頭で伝えることもできますが、トラブルを防ぐためにも内容証明を送っておくといいのです。内容証明郵便にすれば、送った文書を控えているので日付や内容を証拠として残せます。時効援用は本人だけでなく保証人も手続きが可能です。よって、時効が成立した後は本人の時効援用だけでなく、保証人の保証債務の取り消し手続きもしておきましょう。

時効援用とは時効によって利益を得る人が時効の成立を主張することです。時効期間の経過だけでは時効によって得られる権利の取得や消失は確定しません。時効を主張して初めて権利は確定します。