老後資金を確実に貯めるならイデコがおすすめ!

加入するメリットを知る

老後を豊かに過ごすためには若いうちからしっかりと計画を立てて老後資金を貯めておきたいところです。老後資金を貯蓄で貯めているという人も多いですが、現在のように低金利の時代では貯蓄だけで資産を増やすのは厳しいものもあります。老後資金を貯めるなら確定拠出年金・イデコに注目してみてはいかがでしょうか。これは60歳までに毎月一定の掛け金を出し、貯蓄はもちろん、投資信託、保険などでの金融商品を選んで運用し、運用した資金は60歳以降に受け取るという制度です。イデコのメリットは確実に老後資金が貯められることはもちろん積み立てた金額の全額が所得控除されますので、所得税や住民税が安くなるということがあげられます。しかも運用中に得た利益にも税金が掛からないのも大きなメリットと言えるでしょう。

60歳までは引き出せない

たくさんのメリットがあるイデコですが、始める前にはデメリットがないかも知っておきましょう。まず、イデコの場合は60歳までは原則として引き出すことができないということは理解しておきたいところです。60歳までに引き出せないのをデメリットと感じる人もあるかもしれませんが、自由に出せないので確実に老後資金を貯めることができます。そして運用の際には加入する際に必要な手数料と毎月の口座維持管理手数料が必要となります。わずかの差でも長期となると大きな差となりますので、じっくり比較してできるだけ手数料が安い業者を選びましょう。さらに運用商品を投資信託にする場合は大きな利益を得られるチャンスもありますが、逆に元本割れしてしまう可能性があるということも知っておきたいところです。

イデコは確定拠出年金の一種で、最大の特徴は公務員や主婦も加入可能な点です。掛金は所得税や住民税の控除の対象になるほか、運用益も非課税となるので、老後の資産形成の方法として、メリットが多い方法です。