迫りくる高齢化社会!自分自身で対策を打つこと

高齢化社会に備える取り組み

イデコは、個人型確定拠出年金であり、多くの人に徐々に認知されるようになってきました。老後の生活を考える上では、大変有意義な取り組みといえるのではないでしょうか。そもそも、ここまで老後資金に対する関心が高まっているのは、高齢化社会の進行が背景にあるからということは間違いありません。少ない若者で多くの高齢者を支える構造になっているため、自らで資金を捻出しなければいけないという機運が盛り上がりを見せているのも事実です。イデコの特徴は、60歳を迎えるまでは原則として引き出すことができないという点が挙げられます。その分、もらえるようになった時の喜びは増すといえるでしょう。公務員や民間企業、自営業などと職種によっても掛金が異なる点もポイントです。

高まる老後資金の運用方法

イデコがここまでの注目を集めているのは、税金対策としての役割も担えることが挙げられます。イデコの金額については、課税対象にならないため、節税効果が期待できます。少しでも納める税金を抑制したいという人にとっては賢い方法といえるのではないでしょうか。現に、節税という観点からイデコに取り組むという人も大勢います。

言ってみれば、イデコも資産運用という面を持ち合わせているのかもしれません。株式や債権などで運用することになるため、全くのノーリスクということではありません。そのような点も考慮しながら取り組むことが必要といえるでしょう。老後資金への関心は高まるばかりといえそうです。

iDeCOとは個人型確定拠出年金の略称です。加入者が、毎月決められた額の保険料を納め、60歳以降に年金が受け取れます。税制上の優遇措置があるのでお得です。