相続税を節税するなら生前贈与をしよう!どんな方法があるの?

生前贈与の種類と税金の計算方法

相続税を節税するには遺産を少なくする事が重要であり、それには生前贈与を活用する事が効果的です。まず、両親や祖父母などの直系尊属から子どもや孫に対して生前贈与を行った場合、一般の贈与税より税額が低くなる特例贈与財産用の税率が適用されます。例えば、基礎控除額を差し引いた後の課税価格が1000万円の場合、税額は一般贈与で275万円であるのに対し、特例贈与では210万円となるため安い税額で贈与ができます。また、贈与税を掛けずに生前贈与する事も可能であり、同じく直系尊属から居住用住宅の取得資金や教育資金、あるいは結婚・子育て資金を贈与された場合、一定の贈与額まで非課税となる特例があります。特に住宅の取得等資金は、要件を満たせば最大3000万円まで非課税となるため、贈与税と相続税を節税する事ができます。

相続時精算課税は目的を問わない

相続時精算課税は、直系尊属が生前贈与した際の贈与する財産や金額、回数を問わず、贈与額が2500万円となるまで贈与税が非課税となる制度です。この制度は、一年ごとに贈与税を計算する特例贈与とは異なり、制度を選択してから贈与者が死亡するまでの期間において限度額を超えた場合に贈与税を計算します。そのため、贈与をした年はその贈与財産の価額を申告するのみであり、限度額を超えた年に超えた価額に対して20%の贈与税が掛かります。なお、この制度を利用して贈与した財産は、贈与者の相続税を計算する際に遺産の価額に加算され、相続税でまとめて税金を計算する事になります。つまり、相続よりも早く遺産を渡す制度と言えますが、アパートなど収益不動産から得た収入は遺産に加算しないため、その分の相続税は節税できます。

相続税の申告は、相続などの贈与によって財産を得た人の合計金額が、基礎控除と呼ばれる金額を超えた場合に必要となります。そのため、これに該当する人は支払う必要があります。