知っておきたい!個人型確定拠出年金の特徴と効果

個人型確定拠出年金の主な特徴

あらためていうまでもなく、投資するなら収益を求めることになります。株式投資でしたら株価が上昇するのを望みますし、配当金を享受したいでしょう。株価が上昇して譲渡すれば売却益が手にはいります。また、配当金については配当利益になります。個々に所得ですから所得税、あるいは住民税が必要です。労力を掛けて儲けても、全部を残せません。個人型確定拠出年金においては、株式等に投資する投資信託等に運用しながら老後に関する資金を積み立てることができます。自分自身で拠出をし、自分自身で運用先、あるいは運用商品を決定します。利益に関しては税金が掛からないのがアドバンテージで、利益を再び投資して増加させるにもマッチしています。留意点としては、基本として60歳を過ぎてからでないと出せないシステムです。年金システムのひとつですから、ひとたび積み立てるとすぐ引き出せません。老後資金という形で利用する必要があります。

拠出した額は所得控除できますので有利です

会社員では、自らの所得税がどの程度あるか、或いは住民税がどれ位か認識していない方もいます。この原因は、会社組織がオートマチックに払ってくれる為です。所得税に関しては給料を支払う都度、住民税に関しては前の年の分を月毎の給料より控除することになります。しかし支払っているので、その分だけ資産は減少します。可能な限り所得税、あるいは住民税を少なくしたいなら、個人型確定拠出年金を利用しましょう。利用すると、小規模企業共済といった掛け金控除としまして所得控除を受けることができます。拠出した金銭は年金資産という形で積み上げられますので、支出していますが自分自身の資産になります。

個人型確定拠出年金は金利不安がある現代においても人生設計に有効な投資方法として多くの人に利用されている制度です。